ホームページ制作を受けるにあたって、

「○○というキーワードで1ページにできますか?」

という質問をいただくときがあります。

○○というキーワードを指定している場合だと、
まぁ、なんとなく、できそうかどうか、ある程度わかります。

「うちのホームページを1ページにできますか?」

という質問もあります。

「どういうキーワードであげたいのですか?」

と質問すると、「○○かなぁ?」という返答の
場合もあります。

そもそも、なぜ、そのキーワードであげたいのかの
理由がない場合がほとんどなので、多くの場合、
SEO対策費用が無駄になります。

また、SEO対策にするあたって、SEO対策用の
コンテンツを用意いただく場合もあります。

ただ、SEO用のコンテンツは、本当に見てもらいたい
ユーザのためになったコンテンツでない場合も
多いので、その必要性もしばしば問題になります。

最近は、以前と比べてSEO対策が難しくなって
きているのは事実ですが、それは、テクニックでの
SEO対策が難しいということです。

「タイトル」や「見出し」を気をつけつつ、
本来の意味でのユーザにわかりやすいコンテンツを
作成すれば、おのずと上がりやすくなっていると
いうことの裏返しでもあります。

ガチガチの費用対効果だけを見るのであれば、
まず、ページをしっかり作成した後、PPC広告で
上位表示されたら効果がでそうなキーワードを
出稿し、成約率が高かったら、SEO対策も
意識するというのが、本来の流れだと思います。

0%