生まれて初めて買ったシングルCDは、
爆風スランプの「リゾ・ラバーResort Loversー」です。

恐らく、小学性の3,4年生のときと思います。
CDという存在があることを、姉から聞き、その当時
流行っていたこの歌を買ったことを記憶しています。

そして、これも今から思うとおかしい話しですが、
歌手は、毎回、同じ音程で、CDに入っている音声を
何度も繰り返しできる人のことだと思っていました。

それが、違う!と知ったのは、これもその当時
流行っていた音楽番組「夜のヒットスタジオ」で
この歌を聞いたときでした。

「CDの歌声と違う!」

そのとき思いました。

歌手も人間なんだ!って。
おかしいですが、まじな話です。

今は、ユーチューブを開けば、昔懐かしの音楽が
すぐに探せる時代。

だらだら見ているときりがないので、たまーに、
ユーチューブを開いて、懐かしの音楽を聞くのも
いいかもしれませんね。

ちなみに、いまは、シングルは売っていなくて
アルバム内で聞くしかないようです。

0%