毎日食べるお米は、大野の友人から購入しています。

いままでは、白米にして持ってきてもらいましたが、
今回は玄米のまま持ってきてもらいました。

白米にすると、栄養分がほとんど取れてしまう
ことは周知の事実だと思います。

ただ、玄米のままだと(現代の人では)食べにくい
からなかなか難しいというのも事実ですね。

でも、一回食べてみよう!
と思って、最近、お昼のみ、玄米おにぎりを
食べています。

一晩、水につけて、炊飯器の玄米モードで
炊けば、まぁ、普通に食べれました。

最近、ハマっているのは、塩おにぎり。
おかずは何も入れない。これがいい。

嫁さんに握ってもらったおにぎりは、
やはりおいしい。

江戸時代、白米が開発され、玄米を
食べなくなったときに、栄養不足で
脚気という病気が流行ったそうです。

脚気は、ビタミンB1が不足すると
なると言われているので、玄米に
相当量のビタミンが含まれているという
ことでしょう。

玄米は子どもは絶対食べないだろうし、
なんだかんだで、食べにくいでしょうが、
一度、試してみるとよいと思います。

0%