・お笑い芸人で史上初の芥川賞受賞
・200万部突破
・文芸春秋 初の増刷

など、話題に事欠かない「火花」を読んでみました。

わたしは、たぶん、それなりに本を読む方だと思います。

ただ、ビジネス書が多く、小説、純文学は、気のむくままに
たまーに読む程度。なので、本当の意味での個人的な感想になります。

最近では、複数冊まとめて、「湊 かなえ」さんの小説を
読んでいました。あの、どくとくの場面転換というのでしょうか、
どくとくですよねぇ。。

さて、「火花」ですが、ラストまで、止まらずに通して読んで、
読後感はよかったです。

読んでいる途中、時折、又吉さんが「芸人としてこの箇所のことを
いうのははずかしいが、文学としてなら言えるから書いた」ような
感じに見えるところがありました。

もし、そうなら、芸人としての作家になってしまうので、生粋の
作家にはなれないのかなぁ。なんて。
自己満足に陥っていなければいいですが。

誰でも知っていると思われる小説「雪国」の冒頭
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」という、
文字を読むだけでそこにいるような情景が浮かぶフレーズのように
うまい出だしもありました。

Amazonでのレビューは賛否両論ですが、次回作も読んでみたい。
そう思える著者だと思います。

0%