初詣のとき、多くの方はおみくじを引くと思います。

大吉など良ければ持ち帰り、吉とかだと、神社の
木につけるのではないでしょうか。

古神道に詳しい方に聞いたところ、大吉とか吉とかは
関係なく、そのときの要望に関する答えのヒントが、
おみくじの詩の中に書かれているということでした。

わたしのひいた内容で気になったフレーズは、

「ときをまつべし」

時が来るのを待てということでしょう。

実は、この内容、半年前の箱根神社に行った時と
全くおなじ内容でした。

日々精進し、時が来るのを待つことにしましょう。

0%