2018年度のビジネス手帳はこれにした!

2018年度のビジネス手帳をようやく決めました!

毎年のことですが、この時期は、本屋さんで手帳コーナーが設置され、定番の手帳から新たに参入してきた手帳まで一気にアピールされる時期ですね。

わたしもお気に入りの手帳はありますが、少しでも使いやすければ、手帳を乗り換えることも十分にありますので、今年もじっくり吟味しました。

手帳に関しては、以下の点をチェックしました。

  • 開きやすいか
  • 開くときに紙の音(キュッという音)がしないか
  • コラムがあるか
  • 付録があるか
  • ペン入れがあるか
  • 金額

などです。

その結果、購入した手帳は、陰山手帳2018 となりました。はい、例年通り、乗り換えなしでした。

対抗馬は、Discover Business Professionals’ Diary でした。かなり迷いましたが、一点のみ気になる点があり購入に至りませんでした。

Discover Business Professionals’ Diary の週間スケジュールのキャプチャー画像ですが、1日のタイムスケジュールの時間のメモリが入っていない点が気になります。

これは入れてほしい。いや~、何で入っていいんだろう。これが入っていれば、乗り換えるかどうか、かなり迷ったと思います。というか、今年は乗り換えようと思っていたので、乗り換えたと思います。それぐらい、おしい~。

陰山手帳は、8時~22時まで入ってますね。というか、普通は入っているでしょ~。

ということで、今年も購入した手帳は、陰山手帳2018 となりました。以下、陰山手帳の特徴をお伝えします。

1:陰山手帳2018

2018-01

2018年はアイボリー色も登場したようなので、この色を購入しました。バーティカル型を好みの方は、候補に挙げていいでしょう。使い勝手は抜群に良いです。

色は、黒、茶、アイボリーの3色で、手帳の表面の質がアイボリーのみ違うようでした。黒、茶の表面は、若干ザラザラ気味。

アイボリーは、つるつる気味です。個人的には、ザラザラ気味の方が好きなので、来年買うとしても、アイボリーは買わないでしょうね・・・

2:週間ダイヤリー

この手帳の特徴は、ずばり、右側ページがメモ帳になっていること。これが、実に使いやすい。いろいろ見てきましたが、他にこのようなタイプの手帳はありませんね。

年間スケジュール、月間スケジュールなど、基本機能もしっかり揃っています。

3:メモ帳

メモ帳は、週間スケジュールの次ページと、最後の方に方眼ページが54ページありますので、ノート代わりに使えます。

4:コラム

コラムがあるのもグッドなのです。手帳は、ほぼ毎日見るので、何気に読んでいるとちょっとした気づきが得れることも多く、結構しっかり読んでいます。

11月20日~来年1月6日まで週間スケジュールがあるので、来年の予定が決まってきそうなこの時期から使えるのもGOODです。

5:まとめ

今年も購入した手帳は、陰山手帳2018 となってしまいました。

今年も、本屋さんの手帳コーナーで物色していましたが、10年前と比べて、さまざまな手帳が販売されるようになってきたな~とは思います。

また、基本スペックも全体的にあがっていますし、手帳を1年間続ける仕組みというか、使うと効果がでそうな仕組みを盛り込んだ手帳が多いように思いますね。

最近は、スマホを手帳代わりにしている方も見受けられますが、両方うまく使いこなして、あなたのビジネスのお役に立てていただけたらと思います。

さて、あなたの手帳選びに参考になったでしょうか。どうぞ、ご参考ください。

 サイズ  A5
金額 2000円+税
見開き 180度しっかり開く
 紙音 なし
 一言コラム 陰山コラム
 ペン入れ あり
 発行会社 ダイヤモンド社

↓↓↓手帳選びはこちらもご参考ください。↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ホームページ制作、リスティング広告運用、SEO対策、サーバ管理、オウンドメディア作成など、なんでも出来る何でも屋さんです。また、物販も実際に自分で運営している。楽天サイト運営、ヤフーショッピングサイト運営、DeNAショッピング運営、Amazon運営など、Webに関する販売、運営、ノウハウは常に最新のものを取り入れている。